2019年02月09日

フォークリフトについて

フォークリフトについて

こんにちは、営業の蜷川です。

今回は、フォークリフトについてお話しさせていただきます。

いまさらですが、そもそもフォークリフトとはどういったものかというと、

荷役用のツメを備えた作業用自動車のことです。

JIS規格によれば、

「貨物を保持するための装置を備えていること」

「マストを保有していること」

「動力を持って走行し、フォークの昇降や傾斜を行うこと」

の3つがフォークリフトに必要な条件であるとされています。

動力は、ガソリン、ディーゼル、バッテリー、天然ガスなどがあります。

使用する環境に合わせて使い分けています。

 

 

 

 

 

フォークリフトについて

種類としては

カウンターバランスフォークリフト  一般的に見かけるタイプのフォークリフトです。

フォークリフトについて

サイドフォークリフト

 

名前のとおり、荷役用のフォークとマストを車体の側方に備えているフォークリフトのことです。

フォークリフトについて

リーチフォークリフト

 

カウンターバランス式と並んで、一般的に見かける立って乗るタイプのフォークリフトです。

フォークリフトについて

ウォーキーフォークリフト

 

ウォーキーフォークリフトとは、乗り込んで動かすのではなく、手で持って移動させるフォークリフトです。

フォークリフトについて

他にもいくつかありますが、どのタイプも現場に合わせた荷役に大きく役に立ちます。

用途によってサイドシフト、ヒンジ、クランプ、などの機能を追加することで

用途の幅も幅広く変えることのできるフォークリフト!

機能については別の機会でご紹介したいと思います。

 

屋内外様々な場所で活躍するフォークリフト、

皆さんの周りでも目にする機会が多いと思います。

入れ替え、処分、眠っているフォークリフトがございましたら

■■フォークリフトの買取なら■■

トップ建機へ ★0120-81-4130 ★

■査定・送料・キャンセル料 全てが無料

■全国対応 ■メール・FAXご査定は24時間受付中!

↓↓↓

0120-56-4130

 


2019年01月28日

掃除とメンテナンス!

掃除とメンテナンス! こんにちは、営業の蜷川です。

今回は、お客様から商品を買い取りさせて頂く上で
見た目
の大切さを少しお話しさせて頂きます。

我々買取業者が買取させて頂くポイントの一つで
見た目というのは査定額に大きく影響します。


たとえ数えるほどしか使っていなくても、
野外での雨風に晒されサビだらけになり、
メンテナンスを怠ってしまうと

どうしてもその分査定額も下がってしまいます。

どれだけ大切に使ってきたか、どうやって保管されてきたか、
これは商品を見れば、すぐにわかります。
できるだけオリジナルの状態で、定期的にメンテナンスをして
大切に使用された商品であればあるほど高価買取につながります。

大切に使ってきた商品は当然、動作、外観ともに状態がいいので
使い込んだ商品でも高価買取につながります。

売ることを考えてない商品でも
良好な状態を維持するには普段から手をかけることで
商品は長く使用することができます。

いまからでも遅くありません。

掃除メンテナンス一度やってみてはいかがでしょう。
商品が生き返るかもしれません。


売却を考えた時点できれいに掃除する、メンテナンスする。
もちろん、これも高価買取につながる方法の一つです。


査定のお申込みを頂くお客様はお掃除を忘れがちです。

先程も述べたようにやはり見た目はとても重要なポイントです!
是非査定のお申込みの前に一度お掃除を。
査定額アップにも繋がります!


屋内での保管が不可能で今後使う目処が無い場合はすぐにでも売却を!
時間が経つだけで査定額が下がってしまうのはもったいない!
是非とも掃除をしてからお電話ください!
 

★★★トラクターの買取・ご査定依頼は農機のミカタへ★★★
↓↓↓

0120-53-4130



★★★重機・建機の買取、フォークリフト、発電機、溶接機
ご査定依頼は
トップ建機へ★★★
↓↓↓

0120-56-4130


2019年01月19日

ホイールローダーとショベルローダー

ホイールローダーとショベルローダー こんにちは、営業の蜷川です。

今回は、弊社でもよくお問い合わせのある
ホイールローダーショベルローダーについてお話しさせて頂きます。

ホイールローダーとショベルローダーは形状が非常によく似た重機です。
そのため、素人目には違いが分からないことがあります。
(私自身も違いがよく分かっていませんでした。)

ではホイールローダーとショベルローダーには、どのような違いがあるのでしょうか。
ホイールローダーとショベルローダーの違いと、
これらを高く売却する際にチェックしておきたいポイントについて
ご説明します。

ホイールローダーは、中折式で4輪駆動が特徴の車両系建設機械で、
路面の掘り下げが可能であり、不整地や軟弱路面でも走行が可能
です。
車体の大きさなどに応じて小型特殊自動車、大型特殊自動車のいずれかに分類されます。

主に土砂や砕石の積み込みに使用されますが、アタッチメントを付け替えることで様々な用途に使用可能です。
ものを掴めるようになるアタッチメントを取り付けることで、伐採した木の積み込みに使用されることもあります。

四輪駆動であるため足場の悪い不整地や柔らかい軟弱な路面においても走行することができ、
また路面を掘り下げることも可能です。


 

ホイールローダーとショベルローダー ホイールローダーが四輪駆動であるのに対し、
ショベルローダーは中折無しの2輪駆動の特殊自動車で、
フォークリフトと同じ構造を持っているの
が特徴です。
ホイールローダーと同じく、車体の大きさなどに応じて
小型特殊自動車、大型特殊自動車のいずれかに分類されます。

ホイールローダーと同じく土砂や砕石の積み込みに使用されますが
路面の掘り下げができず2輪駆動であるため
不整地や軟弱路面の走行ができません。

またホイールローダーとはアタッチメントが異なります。
「フォーク」というアタッチメントを取り付けることで、
フォークリフトに近い仕事をこなすことができます。

ホイールローダーやショベルローダーと同じように、他にもよく似たものがあります。
例えばタイヤショベルペイローダーと呼ばれるものです。

実はこのタイヤショベルはホイールローダーの異なる呼び方で、実は全く同じものを指しています。
販売店などにおいても、タイヤショベルといえばホイールローダーのことを指すくらいに一般的な呼び方です。

ペイローダーと呼ばれるものもありますが、このペイローダーもホイールローダーの別名になります。
コマツが販売したペイローダーがあまりにも普及したために、この呼び方が定着したと言われています。

このようにホイールローダーには様々な呼び方がありますが、基本的には呼び方が異なるだけです。
購入、売却の際は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ホイールローダーとショベルローダー では、売却の際どんなところがチェックされるのかポイントをいくつかお教えします。

まずはアワーメーターに注目
ホイールローダーやショベルローダーを売却する場合、まず確認したいのはアワーメーターです。

アワーメーターとは、普通自動車でいうところの走行距離を示すもので、
どのくらいの時間稼働したかを表しています。

自動車であれば、距離を走っていればそれだけ車が受けているダメージは大きくなります。
距離が多いほど状態が悪いと判断します。

しかし走行することが目的ではない重機は、
アワーメーターを見ることによってどのくらいの時間稼働したのかを確認し
そのダメージの大きさを測ります。
アワーメーターの数値が大きければ大きいほど、状態の悪い重機である可能性が高くなります。

メーカー、型式によっても価格は大きく変わります。
(売却時には必ず確認しますので事前に確認しておいてください。)
CAT、コマツ、ヤンマーなど様々なメーカーがありますが同等クラスでも
売却価格は異なります。

車体番号(シリアルナンバー)
製造番号ともいいますがこちらも重要な情報になります。
プレートと言われる小型の平板に銘柄(仕様)を表示したもので
コーションラべルとも言います。
こちらの番号から製品の
製造者、型式、製造年月日を知ることができます。
(売却をお考えの際はこちらも事前に調べておくと査定がスムースです)


外観をきれいにしてあることも高く売るポイントの一つですが
どれだけ見た目が綺麗に磨き上げられていたとしても、アワーメーターの数値が大きければ、
それだけ長時間使用されてきたということであり、内部もダメージを受けています。

そのため、部品の交換やメンテナンスが十分に行われていなければ、
すぐに故障したり不具合を起こしたりしてしまいます。

使用中はもちろん、売却時に高価買取をご希望でしたら
普段から部品の交換やメンテナンスを十分に行い
ご使用後は、奇麗に清掃しておくことが高値で売却するポイントになります。


ご使用中の建設機械がございましたら一度ご確認してみてはいかがでしょうか?

ご売却をお考えでしたら
 

ユンボ・油圧ショベル
ホイールローダー
ショベルローダー
フォークリフト等の

重機、建機のご査定依頼は

トップ建機へ

0120-56-4130


★査定は無料

★全国対応(一部地域は除く)

★故障機でもOK!

★メール・FAXでのご査定依頼は24時間受付中!!



2019年01月14日

中古 重機 建設機械 ユンボ 買取 なら

中古 重機 建設機械 ユンボ 買取 なら こんにちは、営業の蜷川です。
今年も、新年からもたくさんのお問い合わせ頂き
ありがとうございます。

現在、頂いている全てのお問い合わせが成約に
つながることを願っております。

先日、15時ごろ
日立建機 油圧ショベル EX12-2 のお問い合わせいただき
そのままお話が進み2時間後には現地で買取させて頂きました。

お客様が売ってもいいと思っていただいた時が
一番手放してもいい時と考え
静岡県ということもあり、
弊社のモットーである即日対応させて頂きました。

引き取りは、後日でもいいと言って頂きましたが
結果、早い対応でお客様からは
「迅速な対応に気持ちのいい取引ができました。」との
感謝の言葉を頂きました。

弊社も、お客様から誠実な対応していただき
良いお取引をさせて頂き、
本当にありがとうございました。

今後もより良いお取引ができるよう対応していきたいと思います。

中古 機械の買取なら 建設機械 重機 ユンボ 油圧ショベル など
全てトップ建機にお任せください。

即日対応で高価買取させて頂きます。
 

ユンボ・油圧ショベル
ホイールローダー
フォークリフト等の

重機、建機のご査定依頼は

トップ建機へ

0120-56-4130


★査定は無料

★全国対応(一部地域は除く)

★故障機でもOK!

★メール・FAXでのご査定依頼は24時間受付中!!




 


2019年01月08日

ホームページリニューアル!

ホームページリニューアル!

こんにちは、営業の蜷川です。

昨年から手掛けたホームページ6サイトが すべてリニューアルしました。

スタッフみんなでアイデアを出し合い 何とか形になりました。

まだまだ足らない部分もあるかもしれませんが、

ここからはお客様と生きたホームページになるように していきたいと思います。

新しいカテゴリーも順調に動き出しております。

さらなる飛躍ができるかは お客様からの問い合わせ次第です。

是非とも各サイトごひいきにして頂き お問い合わせお待ちしております


2019年01月05日

明けましておめでとうございます

皆様、新年おめでとうございます。
営業の蜷川です。
本年も宜しくお願い致します。
あっという間に新年を迎え、
お正月休みも終わってしまいましたが
気持ちも新たに頑張っていきましょう。 

明けましておめでとうございます

昨年は、年末に

コマツ フォークリフト FG10-10
TCM ボブキャット 315

の引き取りで京都府にお邪魔させて頂き 

明けましておめでとうございます

雪の降る中、最後までご対応いただき、ありがとうございました。

不動機ではありましたがお手伝いもいただき スムーズに引き取りができました。

どちらも古い中古の建設機械 ですが 大切に使ってきた重機なので

中古 買取 業者 としてしっかり次に繋げたいと思います。

 

今年も昨年同様ですが同じミスを繰り返さないよう頑張っていきたいです。

昨年の目標には、 まだまだ足らない部分が多く まずは確実にできるよう頑張ります。

昨年今年もたくさんのお客様との出会いも 大きな目標です

自身の頑張り次第と思い、ますます頑張っていきますので

本年もよろしくお願いいたします。

皆様にとって良き1年でありますよう 心から祈願します。


2018年12月27日

カラー

カラー

こんにちは、営業の蜷川です。

今回、静岡県の伊東市にお邪魔させて頂きました。
伊豆半島から望む静かな海を眺めながら
車を走らせていると見慣れたはずの看板が
いつもとチョット違っていたので足を止めてみました。

カラー

コンビニの看板の色が地味!

どうしてだろうと、お店に入りコーヒーを買ったついでに
店員さんに聞いてみました。
『このあたりのコンビニは看板のカラーが
みんな地味なのはどうしてですか?』
すると店員さんが、

カラー

『この辺りは国立指定公園に指定されているので
周りの景観に配慮して、景色を意識したカラーにしてるんですよ』
とのことでした。
ちょっとした配慮ですが色というのは
確かに相手に与える印象が大きいなと思いました。

毎日、何気なく見ているものが当たり前のようになる中で
普段と違うことで違和感を感じたり
逆に新鮮に映り印象に残ることもあります。

目に見える色だけでなく、言葉遣いや行動も使い分けることで
相手に与える印象が変わるのも
その場所、相手によって無意識に使い分けることで
その環境に順応しているんだと思いました。

今年一年、お客様にはどんな印象を残せたのだろうと思います。


悪い印象ではいけないですが、記憶に残る営業ができるよう、
来年も頑張りたいと思います。

いい出会いができる様お電話お待ちしております。

★査定は無料

★全国対応

★故障車・故障機もOK!!

★メール・FAXでのご査定は24時間受付中!
 

トラクターの買取・ご査定依頼は
農機のミカタへ

0120-53-4130

重機・建設機械の買取は
トップ建機へ
0120-56-4130



 


2018年11月27日

新品はもちろん、不動機、故障機、お任せください!

新品はもちろん、不動機、故障機、お任せください!


こんにちは、営業の蜷川です。

先日、建設機械まとめて片付けたいという依頼を受け

現地で査定させて頂きました。

どの機械も不具合があり、エンジンのかからない
機械ばかりでしたが弊社ベテラン整備士にお願いし
見事復活!

今まで復活しなかった機械はほぼありません。


 

今回も、エアーマンAX30UR




 

ヤンマー ホイールローダー V4-2 




 

ヤンマー 油圧ショベル B5-1




 

トヨタ フォークリフト 6FD25 




 

と、すべて復活させてくれました。
 

不動機、故障機を安心して買取ができるのも

彼のおかげです。

縁の下の力持ちとして

これからもよろしくお願いします。

眠ってる機械があれば

不動機だから故障機だからとあきらめずに

お電話お待ちしてます。


 

重機、建機のご査定依頼は

トップ建機

0120-56-4130

★査定は無料

★全国対応(一部地域は除く)




 


2018年11月21日

年の瀬に向かって



こんにちは、営業の蜷川です。

ホームページもリニューアルしてまわりの方からも

たくさんの意見を言って頂いております。

お褒めの言葉も厳しい意見も真摯に受け止め

より良いホームページになるようますます頑張っていきます。
 

 



 

先日は、地元愛知でクボタRX503Sのご査定いただきました。

時間も若くとてもいい状態でのお引き取りさせて頂き

本当にありがとうございました。


 




 

富山県ではプッシュプル式のフォークリフト

コマツ FG28H-11の引き取り

兵庫ではトヨタバッテリーフォークリフトと

お問い合わせもたくさん頂き年末に向かって

忙しくさせて頂いています。


 




 

新しいカテゴリーも増えより一層頑張っていきますので

たくさんのお問い合わせお待ちしております。


 


2018年11月12日

3.11を忘れない

3.11を忘れない

こんにちは、営業の蜷川です。
先日、初めて福島県にお邪魔させて頂きました。

震災前の福島を訪れたことがないので
どれだけ震災前に戻ったかはわかりませんが

道は整備され、新しい建物も多く
一見すると震災があったことすら気づかない街並みの中、

帰宅困難地域のすぐそばを走行しました

3.11を忘れない

境界線近くの住宅は人気もなく
雑草が生い茂り
そこだけ時が止まったように感じました


 

3.11を忘れない

原発と地震、津波によって変わってしまった町の爪痕が
まだいたるところに残っているようでした

3.11を忘れない

大きな幹線道路はキレイになり
なんとなく通り過ぎてしまいそうですが

少し足を止めると
まだこんな光景が
あちらこちらにあることに
あらためて震災、原発について考えさせられました 


 

3.11を忘れない

今回、買取させて頂いたお客様のおかげで
貴重な体験ができました。

被災地の完全復興を心から願っています。




カテゴリ

最新の記事

カレンダー
«   2019年02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは


重機・車両の買取専門店


このページのトップへ

Copyright © 建機買取なら高額査定のトップ建機にお任せ下さい! All Rights Reserved.